【ギョッ】洗濯機でこたつ布団を洗ったら焦げちゃった!

基本的に布団は、クリーニングに頼らず自宅で洗濯してしまいたい私ですが、唯一こたつ布団だけは失敗をしてしまいました。素材は綿で、2メートル×2メートルの一般的な大判タイプのこたつ布団です。

ピーーー!洗濯機のエラー音とともに焦げた臭い発生

いつも布団や毛布を洗う時は、ネットに入れて洗濯機の「毛布コース」を利用するので、こたつ布団もおなじように洗濯しました。毛布コースは洗濯2回とすすぎ3回を約50分かけて行います。

いつも通りスタートして放っておくと・・・約40分くらいしてからでしょうか、今思えばありえない音だったのですが、洗濯機を置いている方から「ゴンっ!ゴンっ!」という連続音が聞こえてきました。

その時はこたつ布団を回しているからいつもより音が少し大きいのかな~くらいにしか考えていませんでした。それが間違いでした。ピーーーっという電子音が聞こえてきて、これはおかしいと思い見に行くと、洗濯機がエラーで止まっていました。

さらには変な臭いがしていました。焦げた臭いとはまた違い、プラスチックが溶けたような不快なにおいでした。

こたつ布団が焦げ、洗濯層には大きな跡が残る

恐る恐る洗濯機を開けてみると、見事に洗濯ネットとこたつ布団が洗濯機のドラムに挟まっていました。臭いのもとは、ネットとこたつ布団とドラムが挟まったまま高速で脱水の回転を与えてしまったため、こすれてネットが溶けたものでした。

こたつ布団も挟まっていた部分が黒く焦げ(?)のようになってしまい、極め付けは、洗濯機自体にこすれた大きな跡が残ってしまいました。幸い布団はやぶれてはいなかったので中身が飛び出る悲惨な目は免れましたが、今年買ったばかりのこたつ布団だったので凄くショックでした。

脱水の途中でしたがそれ以上洗濯機を回す勇気はなく、通常通り干して現在も使用しています。こたつ布団の黒く焦げた跡は当然いまだに残っていますが。

二度と洗濯失敗したくない!次はコインランドリーで洗います

今回絡まった原因としては、こたつ布団が洗濯機の容量を超えていたこともありますが、洗濯ネットのファスナーの持ち手(引っ張る部分)が最初にドラムに挟まって動かなくなったことが有力です。その部分の消耗が激しく完全に壊れていました。

今後は、こたつ布団はコインランドリーの大きい洗濯機で洗濯から脱水までおこない、洗濯機の無理な使用は控えようと思いました。同時に洗濯ネットの取り扱いも学んだので、大き目の布団や毛布をネットに入れて洗濯する際は、ネットの持ち手を内側に閉まったかの確認を徹底しています。

洗濯機本体に傷がつき壊れてしまうと、こたつ布団やコインランドリーとは比べようのない値段が掛かってしまうため、大切に使用したいと思います。