【こたつ布団は洗濯機で洗う】何度も中断するけど、ひたすら再スタート

我が家の地域は冬が寒い上に、リビングが吹き抜けになっているので「こたつ」がかかせません。こたつは、暖かくてたまりませんが、掃除と洗濯が大変です。子供がいるので、しょっちゅう食べ物や飲み物をこたつにこぼします。その度に洗うのは大変なので、よっぽどやらかさない限りは月に2回程度、家で洗濯します。

ドラム式洗濯機でこたつ布団を洗濯。偏りで何度も中断

こたつ布団の素材は綿50%ポリエステル50%です。洗濯は、家のドラム式洗濯乾燥機でします。こたつ布団を入れるとそれだけしか入りません。こたつ布団を洗う日は午前中いっぱいかかり、出かけられません。

朝、いつもの洗濯をした後にこたつ布団を洗濯します。こたつ布団を洗濯すると何度も何度も「ピーピー、洗濯物の偏りにより洗濯を中止します」と音がして洗濯が中断します。まるで餅つきのように手を入れて布団を混ぜて、また洗濯を再開します。

脱水をきちんとやらないと乾かすのに時間がかかるので、2回脱水します。脱水中、しばらくするとまた、ピーピー、それを繰り返してやっと干せます。そのまま、乾燥機にかけた方がふんわりするのでそうしたいところですが、時間がかかり過ぎるので、ベランダに干します。

こたつ布団全体が洗えてない?洗い上がりにバラつきあり

ベランダがこたつ布団に占領されるので、こたつ布団を干す日は他の布団は干せません。ここまででだいたい、3時間くらいかかります。絶対に落ちないようにいくつもの洗濯バサミで固定して、こたつ布団をかなり外側に出して、外側と内側のバランスは、悪いですが、早く乾かすためにその様に干します。

素材にポリエステルが入っているので、乾きは早いです。11:00くらいに干して15:00には乾きます。乾いたこたつ布団を取り込むと、何故だか、いい匂いのところと水で濡らしてかえって臭くなったような部分があります。

洗剤が少ないのかなと思って次に洗う時に洗剤も柔軟剤も多く入れました。そしたら柔軟剤の香りがキツイ部分とやはり洗えてないような臭いの部分に分かれました。

お風呂で洗濯は一苦労。洗い上がりに偏りがあっても洗濯機で

こたつ布団の大きさが洗濯機の許容範囲を超えているのだと解釈し、次はお風呂の残り湯に漂白剤を入れて1時間くらい漬けてから洗濯しました。

さすがに綺麗に洗えましたが、お風呂に漬けていたこたつ布団が何度絞ってもお湯がきれずにイライラしました。ベチャベチャのまま洗濯機に入れたら、洗面所が水びたしになりました。

この洗濯方法は、面倒なので年末にしかしてません。こたつ布団の洗い上がりに偏りがあっても、これは失敗したなと思っていても、簡単なのでドラム式洗濯機で洗っています。