【布団クリーニング】ふわふわを期待するも、逆にぺちゃんこ

44才の女性で、今は母と暮らしています。布団をクリーニングに出そうとしたきっかけは、家族の中の一人暮らしをしていた者が、結婚するために実家に送り返してきたからです。

高級布団を料金高めのクリーニング店に。仕上がりに期待

当時としては、(というか今でもかなり高価なものですが、)品質の良い羽毛布団です。カバーもしていたのですが、なかなか干せないこともありクリーニングに出すことにしました。料金は、多分ですが5,000か6,000円ぐらいだったと思います。

今からだいたい16年ぐらい前なので、今ではもっとするかもしれませんし、逆に安いのかもしれません。いずれにしても、いつも出している割とクリーニング料金が高めのお店に持っていってお願いしました。

実は、布団類は初めて出しました。羽毛布団ですから、時間も普通のクリーニングよりはかかるわけですが、どんなふうになるのかすこし期待していました。ちょっと黄ばんでいたというのもあったので。

期待を裏切られてガッカリ!クリーニングしてふっくら感がなくなった

で、できあがったのを取りにいきましたら、なんとすごくふっくらしていたのが、半分近くまでにぺちゃんこに・・。あれー?という感じになってしまいました。布団の値段や品質が良かったがゆえ、かなり期待をそがれてしまった感じでした。

家族も同じ布団をつかっていますが、それはまだ一度もクリーニングに出していないので、すごくふっくらです。出し入れする季節に見比べると、違いがすぐ分かります。ですので、もしクリーニングに出す理由がないなら、あまりお勧めはしません。

カバーをして使うとか、しまうときは干してから(家の中でも可ですが、できれば外の日陰に)、などするならきれいな状態で何年も使えるのではないかと思います。どうしてもクリーニングに出すのなら、どういう洗い方をするのか、どのくらい汚れが落ちるのかなどを、お店に聞いてからのほうがいいと思います。

クリーニングは信頼できるお店へ。安さにつられないよう注意

個人的な意見ですが、あまりにお店のクリーニング料金が安いところは、すこし考慮したほうがいいのでは、と思います。クリーニングといえば、長期保存をしてくれるところもありますね。家の中にたくさんの洋服が掛かっていなくて、それはそれで助かるサービスではありますが、あまりいい顔をしないところも実はあります。

有料であるなら、お金を払っているので多分いやな顔はされないと思いますが、割と個人経営に近い感じで無料でしているお店なら、早めに取りに行ったほうがお互いいい感じで「付き合って」いけるかもしれません。

1か月以上もたって取りに行ったら、お店の人は、にこにこはしていましたが、なんとなく空気が違っていたように感じましたので。