長年使用しているコタツ布団を洗濯しました。毎年、片付ける前にクリーニングに出していたのですが、クリーニングしたのにあまり綺麗になっていないので、失敗は覚悟で家で洗濯してみようと思いました。

コタツ布団が重い!水を含んで持ち上げられない

布団の素材は表地アクリル。中はポリエステル綿です。コタツの掛け布団なので綿の寄り止めといいますか、周りにはキルティングのような加工がしてあります。洗濯表示にはドライマークが付いていましたが、これは家でも洗えそうです。

結構シミなどが目立つので、洗濯機に入れる前に残り湯のある浴槽に、普通の洗濯洗剤を入れ布団を入れて足でフミフミ。汚い色の水が踏むたびに出てきました。浴槽の水を抜き、ぬるい目のお湯を入れ、再度洗剤投入し、1時間浸け置きしました。

浴槽の水を抜き布団を引き上げようとしましたが、これが、失敗。水を含んでコタツ布団が持ち上がりません。仕方が無いので浴槽の中で、布団を丸め、踏みながら水分を絞りました。この動作で20分ぐらいは、かかっていたと思います。

綿の片寄りは手で揉みほぐして調整

ベビーバスに絞った布団を入れ、かなり重みがありましたが洗濯機まで引きずり、布団を投入することに成功しました。ひとまず脱水をかけ、水を入れオシャレ着洗いの洗剤を入れて、「弱」で洗濯開始。仕上がるまで40分近くかかりました。

もう、お昼近くになっていましたが、ベランダまで運び、竿にかけ広げてみました。多少の綿寄りはありましたが、揉むように伸ばし、点検。最初の足踏みの洗いがよかったのか、布団の柄が綺麗に見えます。

竿一本占領したコタツ布団はその日中には乾かず、家の中にも持ち込めず夜もベランダで干したままでした。次の日はあいにくの曇り空。雨こそ降りませんでしたが、コタツ布団は乾かず、また次の日まで持ち越し。3日かけてやっと乾くという結果でした。

布団のシミは残るも仕上がりは合格。買い替えは延期します

コインランドリーに行けばよかったかとも後悔しました。仕上がりは、アクリル布地が少し固めでしたが、香りもよく、綿も膨らんでまずまずでした。

ただ、クリーニングに出して取れなかったシミは、結局取れませんでした。それは仕方が無いと思います。洗濯所要時間は、結局半日ぐらいかかり、完全に乾くまで、お天気の状態もありましたが3日かかりました。

その間、他の洗濯物の干し場所が侵害されるなどありましたが、失敗したら、処分をしようと思っていたコタツ布団、今年の冬にはもう一度使うことが出来そうです。小さい子供が遊びに来るので、新しいコタツ布団の購入はまだ先になりそうです。

我が家の地域は冬が寒い上に、リビングが吹き抜けになっているので「こたつ」がかかせません。こたつは、暖かくてたまりませんが、掃除と洗濯が大変です。子供がいるので、しょっちゅう食べ物や飲み物をこたつにこぼします。その度に洗うのは大変なので、よっぽどやらかさない限りは月に2回程度、家で洗濯します。

ドラム式洗濯機でこたつ布団を洗濯。偏りで何度も中断

こたつ布団の素材は綿50%ポリエステル50%です。洗濯は、家のドラム式洗濯乾燥機でします。こたつ布団を入れるとそれだけしか入りません。こたつ布団を洗う日は午前中いっぱいかかり、出かけられません。

朝、いつもの洗濯をした後にこたつ布団を洗濯します。こたつ布団を洗濯すると何度も何度も「ピーピー、洗濯物の偏りにより洗濯を中止します」と音がして洗濯が中断します。まるで餅つきのように手を入れて布団を混ぜて、また洗濯を再開します。

脱水をきちんとやらないと乾かすのに時間がかかるので、2回脱水します。脱水中、しばらくするとまた、ピーピー、それを繰り返してやっと干せます。そのまま、乾燥機にかけた方がふんわりするのでそうしたいところですが、時間がかかり過ぎるので、ベランダに干します。

こたつ布団全体が洗えてない?洗い上がりにバラつきあり

ベランダがこたつ布団に占領されるので、こたつ布団を干す日は他の布団は干せません。ここまででだいたい、3時間くらいかかります。絶対に落ちないようにいくつもの洗濯バサミで固定して、こたつ布団をかなり外側に出して、外側と内側のバランスは、悪いですが、早く乾かすためにその様に干します。

素材にポリエステルが入っているので、乾きは早いです。11:00くらいに干して15:00には乾きます。乾いたこたつ布団を取り込むと、何故だか、いい匂いのところと水で濡らしてかえって臭くなったような部分があります。

洗剤が少ないのかなと思って次に洗う時に洗剤も柔軟剤も多く入れました。そしたら柔軟剤の香りがキツイ部分とやはり洗えてないような臭いの部分に分かれました。

お風呂で洗濯は一苦労。洗い上がりに偏りがあっても洗濯機で

こたつ布団の大きさが洗濯機の許容範囲を超えているのだと解釈し、次はお風呂の残り湯に漂白剤を入れて1時間くらい漬けてから洗濯しました。

さすがに綺麗に洗えましたが、お風呂に漬けていたこたつ布団が何度絞ってもお湯がきれずにイライラしました。ベチャベチャのまま洗濯機に入れたら、洗面所が水びたしになりました。

この洗濯方法は、面倒なので年末にしかしてません。こたつ布団の洗い上がりに偏りがあっても、これは失敗したなと思っていても、簡単なのでドラム式洗濯機で洗っています。

自宅の布団を全く洗っておらず、テレビで布団にいるダニの数や健康被害の事を知り布団を洗おうと思いました。

布団のダニが心配に…自宅で簡単に洗えるかも!

今までは天気の時に布団を天日干しにして除菌スプレーをかけて終わりだったのですが、改めて考えてみるとちゃんと布団のダニが死んでいるのか怪しく、ダニが沢山いると思うと今まで使っていた布団で寝るのが嫌になり、早速布団の洗い方について調べてみる事にしました。

布団の洗濯で調べてみるとクリーニングでも布団を出す事が出来るようなのですが、年期の入った布団を持っていくのが恥ずかしく、クリーニングに出すのは無理だなあと思いました。

その他にもコインランドリーでは布団をすっぽり入れる事ができる洗濯機があるようなのですが、近くにコインランドリーがなく、結局は自分で洗うしかないと思いました。

自宅で布団の洗濯について調べていると、バスタブで洗う方法があり、とても簡単そうに見えたのでバスタブで洗ってみようと言う気持ちになりました。

簡単じゃないと気づいた時には手遅れ。やるしかない(涙)

バスタブに洗濯洗剤を入れて泡立て布団を手で揉み込むように洗ったのですが布団に水が染み込み、いつも以上に重たくなってしまい、その時にとても大変な事をしてしまったと思ってしまいました。

ですが、布団もびちょびちょに濡れているので後には引けないと思い、手で揉み込まず行儀が悪い方法なのですが、足で踏んで布団を洗うようにしたのです。足で踏んでいる時、洗剤の泡がいつまで経ってもなくならず足で布団を踏みながらシャワーで洗い流しました。

大変な作業が次々とやってくる…

それだけでも大変な作業でしたが、次に洗濯機へ入れて脱水を行うのが大変でお風呂場から洗濯機は近いのですが、水を含んだ布団がかなりの重たさで布団を持ち上げるのに一苦労でした。

さらになかなか布団の水切れが出来なかったので、布団を持ち上げて洗濯機に入れるまでに自分も床も全てがびちゃびちゃになってしまいました。無事に脱水をかけて布団を干したのですが、あまりの大変さに「もう自分では絶対出来ないな」と思いました。

もう絶対やらない!布団の洗濯はクリーニングかコインランドリーで

他にもっと簡単な布団の洗い方があるのだと思いますが、我が家の洗濯機は布団をガシガシ洗えるほど容量が大きくないので、次回自分で布団を洗う時も今回の方法になってしまうと思います。

クリーニングやコインランドリーはお金が係ってしまいますが、自分で洗うのはかなりの重労働になにるので、これからはお金がかかってもクリーニングやコインランドリーを探してお願いしようと思っています。

我が家では、子どもたちの掛け布団は1年に2回くらい洗濯機で洗濯しています。それで慣れていたつもりだったので、コタツ布団を洗濯してみることにしました。

夏の日差しに干したい!大判コタツ布団をお風呂場で踏み洗い

4月に圧縮布団パックにしまわれていたものを夏の暑い日を選び洗うことにしました。コタツ布団は長方形の190×230の大判のモノ。素材はポリエステル綿。見かけより軽い素材なので、侮っていました。

10キロ洗いの洗濯機には入らず、お風呂場の浴槽を使って洗うことにしました。浴槽にお湯を3分の1くらいはり、液体洗濯石鹸を入れ、1時間つけ置きしました。足で踏み洗いすると黒い水になりました。

水と液体洗濯石鹸を入かえ、もう一度踏み洗いをし、真水でためすすぎをしました。流しすすぎをしたいところですが、浴槽での洗濯には限りがあるので我慢しました。

干し終わったのは夜中。日差しはもうない…(涙)

すすぎ終え、脱水のためコタツ布団をしぼろうとしたところ、これが想像以上に重くねじることさえ出来ません。一人では手に負えず、仕方なく主人の帰宅を待ち、二人掛かりでしぼりました。

しかし、後から後から水がダラダラと…。風呂場から庭に干すための移動の道も家族中で確保してもらい、洗ったコタツ布団を移動。

私の計画では午前中に洗い終わり、日中の真夏の暑い陽射しで乾かす予定だったのに…。コタツ布団洗いは夜まで、しかも家族の手を借りてまでかかってしまいました。大きな誤算でした。

乾くまでに丸二日。疲れたけど仕上がりは満足♪

庭についてからも、水はしたたり…濡れながら主人に手伝ってもらってコタツ布団を物干しにかけました。そして、少しずつはじの方から手でしぼりました。夜中の作業でクタクタ。

真夏でしたから夜でも暖かく、干す事は出来ましたが、結局乾くのに2日かかりました。表が乾いてくるのに1日。ひっくり返して1日。運良く天気に恵まれましたが、真夏の突然の雨なんて降って来たらと思うとゾッとします。湿った大きなコタツ布団なんて部屋のどの場所にも置けませんよね。

完全に乾いたところで軽くコタツ布団全体を叩き、綿をほぐすとポリエステル綿らしいふんわりしたコタツ布団が蘇りました。洗濯洗剤の香りがして、スッキリしました。コタツ布団は、寝具の布団と違いかなり大きいので自宅で洗濯は勇気と体力がいるなぁ~と感じました。

コタツ布団の洗濯は夏休みに!子ども達に踏み洗いさせよう

しかし、クリーニング代もバカにならないので、今年の夏もまた自宅で洗濯してしまうかも。その時は、夏休みの子どもたちなど人の手がある時にコタツ布団を洗濯しようと思います。

子どもたちに遊びながら踏み洗いをしてもらい、布団運びもお手伝いしてもらうことにします。なんでも自分一人でって思って主婦は家事をしてしまいがちですが、家族の協力もいい思い出になりそうです。

基本的に布団は、クリーニングに頼らず自宅で洗濯してしまいたい私ですが、唯一こたつ布団だけは失敗をしてしまいました。素材は綿で、2メートル×2メートルの一般的な大判タイプのこたつ布団です。

ピーーー!洗濯機のエラー音とともに焦げた臭い発生

いつも布団や毛布を洗う時は、ネットに入れて洗濯機の「毛布コース」を利用するので、こたつ布団もおなじように洗濯しました。毛布コースは洗濯2回とすすぎ3回を約50分かけて行います。

いつも通りスタートして放っておくと・・・約40分くらいしてからでしょうか、今思えばありえない音だったのですが、洗濯機を置いている方から「ゴンっ!ゴンっ!」という連続音が聞こえてきました。

その時はこたつ布団を回しているからいつもより音が少し大きいのかな~くらいにしか考えていませんでした。それが間違いでした。ピーーーっという電子音が聞こえてきて、これはおかしいと思い見に行くと、洗濯機がエラーで止まっていました。

さらには変な臭いがしていました。焦げた臭いとはまた違い、プラスチックが溶けたような不快なにおいでした。

こたつ布団が焦げ、洗濯層には大きな跡が残る

恐る恐る洗濯機を開けてみると、見事に洗濯ネットとこたつ布団が洗濯機のドラムに挟まっていました。臭いのもとは、ネットとこたつ布団とドラムが挟まったまま高速で脱水の回転を与えてしまったため、こすれてネットが溶けたものでした。

こたつ布団も挟まっていた部分が黒く焦げ(?)のようになってしまい、極め付けは、洗濯機自体にこすれた大きな跡が残ってしまいました。幸い布団はやぶれてはいなかったので中身が飛び出る悲惨な目は免れましたが、今年買ったばかりのこたつ布団だったので凄くショックでした。

脱水の途中でしたがそれ以上洗濯機を回す勇気はなく、通常通り干して現在も使用しています。こたつ布団の黒く焦げた跡は当然いまだに残っていますが。

二度と洗濯失敗したくない!次はコインランドリーで洗います

今回絡まった原因としては、こたつ布団が洗濯機の容量を超えていたこともありますが、洗濯ネットのファスナーの持ち手(引っ張る部分)が最初にドラムに挟まって動かなくなったことが有力です。その部分の消耗が激しく完全に壊れていました。

今後は、こたつ布団はコインランドリーの大きい洗濯機で洗濯から脱水までおこない、洗濯機の無理な使用は控えようと思いました。同時に洗濯ネットの取り扱いも学んだので、大き目の布団や毛布をネットに入れて洗濯する際は、ネットの持ち手を内側に閉まったかの確認を徹底しています。

洗濯機本体に傷がつき壊れてしまうと、こたつ布団やコインランドリーとは比べようのない値段が掛かってしまうため、大切に使用したいと思います。

我が家には3歳の子供がいるのですが、 だんだんトイレトレーニングも完璧になってきて、夜だけおむつをしていました。ある日、夜もパンツで寝かせることにしたのですが、お漏らしされてしまい布団を洗わなきゃいけないハメになりました。

布団を7キロの洗濯機に押し込んで洗ってみた

敷き布団に染み込んでしまっていて、綿の敷き布団だったので、家の洗濯機でも洗えるかと思い、洗うことにしました。我が家の洗濯機は7キロなのですが、敷き布団を入れるとパンパンになってしまい苦労しました。布団を丸め込むような感じで無理やり突っ込み、なんとかおさまりました。

我が家ではいつも、洗濯は毎回お急ぎコースでまわすので、敷き布団もお急ぎコースでまわすことにしました。そして洗濯が終わったので、取り出そうとしたら脱水が全然出来てなく、びしょびしょのままでした。

とてもそのまま干せる状態ではなかったのでもう一度、脱水だけでまわしてみたのですが、やはりあまり脱水はできませんでした。諦めてできるだけ自分で水をしぼりだしベランダへ干しました。

ゲッ!布団の形が変わってるーー(T_T)

その時点で、洗濯開始から1時間以上は経っていたと思います。無事に干し終わり、夕方日が暮れる前に取り込みました。布団は完璧には乾かず、そのまま部屋の中で乾かしました。

敷き布団が乾いてからよく見てみると、なんだか布団の形が違うということに気付きました。洗濯機で雑に洗ってしまったので、形がくずれてしまっていました。なんとか形を直そうと部屋の中で布団叩きで叩いてみたり、自分の手で分厚くなっている部分を踏んでみたりしたのですが、まったく効果がなく直りませんでした。

変わりになる敷き布団がなかったので、そのまま夜寝ることにしました。ちょうど背中に当たる部分が分厚くなっていたので、とても寝心地が悪かったです。次の日も分厚くなっている部分を叩いてみたり、から干しをしてみたりしたのですが、まったく直りませんでした。

コインランドリーの大型洗濯機なら型崩れなし

我が家の子供は同じ布団じゃないと寝てくれないので、この布団が必需品でした。なので1ヶ月ほどは、形が変わったままの布団で子供と寝ていました。でも、寝心地が悪いために私自身が気になって、熟睡できなくなってしまったために敷き布団だけ買い替えました。

私はそれ以来、布団全般やカーペットなど、今までは無理やりにでも家の洗濯機に入れて洗濯していたことを反省し、コインランドリーを利用するようにしています。コインランドリーなら形も崩れることなく、しっかり洗えて乾燥までしてもらえて助かっています。

冬の羽毛布団とカシウェアのブランケットをどうしても水洗い洗濯してみたくて、色々とネットで調べて挑戦してみました。乾燥をしっかりしないと臭くなったり雑菌が繁殖するなど衛生的にも悪いので、48時間は晴天が続く日を選んで決行!

【羽毛布団の洗濯】すすぎは多め、脱水は短め

私が実際に自宅で洗濯した方法は、羽毛布団を縦に三つ折にし、くるくると筒状に丸めて体重をかけてつぶして洗濯ネットに入れます。布団の生地が薄めで破れて羽が出てくると大変なので、私は必ず洗濯ネットに入れます。

そしてこの時に水に塗らすなどしないと布団の内部に空気が入ったままで、洗濯機の中をぷかぷかと浮いてしまって洗濯している意味がなくなってしまうのだそうです。「ふとん洗濯」モードで、洗剤はアリエールを使って洗いました。

洗剤が残ると雑菌が繁殖するらしいので、通常のすすぎ+1回多くかけました。お風呂の残り湯を使うと皮脂汚れなどがついてしまうので真水を使用。そして脱水は5分ほどにしました。漂白剤は使わないほうが良いそうです。

コインランドリーは不安…完全に乾くまで念入りに乾燥

乾燥がとても大切なのですが、干すときは物干しを2本にまたいで干し、外側も内側も風通しを良くして裏表を入れ替えたりして、満遍なく乾くように1日干しました。天気が良くても夜に外に出しっぱなしだと夜露で再びしっとりしてしまうので、夜は室内で物干しで干しました。

翌日も午前中いっぱい干せばふんわりと乾きました。コインランドリーの乾燥機を使うと良いと言う情報もありますが、私としては、コインランドリーは衛生面で不安があるので自宅で乾燥させました。

収納袋に入れる時は念のためムシューダを入れて防虫しています。羽毛が寄ってしまうなどのトラブルもなく年に一度のペースで3年間、この方法で無事に洗濯出来ています。

布団の洗濯は晴天の日に。クリーニングに出さなくても綺麗

またカシウェアのブランケットもほとんど同じ方法で洗濯しています。こちらは水を含むと重くなるので、脱水のときにブランケットの重みのせいか、遠心力で洗濯機がガタンガタンと大きな音を立てます。

洗濯機自体が揺れるので、激しい動きになった時は少々不安になり、洗濯機が動かないように手で押さえたりもします。「ふとん洗濯モード」であらうと基本的には大丈夫だと思います。

また、カシウェアのブランケットはポリエステル100%なので、羽毛よりも乾くのも早いです。天気の良い日に干していたら3時間程で完全に乾き、お日様の良い香りになりました。

布団クリーニングに出すのも良いですが、自分で水洗いして干した方が綺麗になっている感じがします。布団は一日1枚ずつしか洗えませんが、家族分を全部洗い終えて次の冬までしまった後の達成感と喜びは大きいです。今年もGWの良いお天気を狙って1枚ずつ頑張ろうと思います。